有料老人ホームはセカンドライフの我が家です。

高齢になっての在宅生活の不便さは、設備や間取りの使いにくさや病気や介護が必要になった時の対処です。
個室でプライバシーを確保しつつ、食事や入浴や趣味スペースなどの共用部分があるのが、有料老人ホームです。
バリアフリー・ユニバーサルデザイン仕様などが取り入れられていて、高齢者が暮らしやすく造られていますから、生活の負担も少なくて済みますし、介護職員が常駐していて、病気や事故への対応もスムーズですから安心して生活ができます。
健康な時に入居して、介護が必要になった時でも介護職員が対応してくれます。
持病の悪化などに対しても、医療関係者がいたり、医療機関と連携していますから対応もスムーズですから、生活の不安が解消されます。
介護職員の教育が充実している施設が多いですし、介護職員の離職率も低いですから、コミュニケーションもとりやすいものです。
1人暮らしと共同生活の中間のライフスタイルですけど、介護職員が24時間態勢で常駐していますから、防犯や災害などの際にも、安心できます。