ストレスのない車椅子の生活

父が怪我をして車椅子の生活になってしまいました。
父は大柄な人ですから私一人で介護をするのはかなり厳しく、
お風呂一つ入れるのも大変という状態でした。
実家をバリアフリーに改装するのは大変な費用負担がありますし、
家屋が古すぎてリフォームが難しいということで、有料老人ホームへの入居を勧めました。
有料老人ホームは障害があると難しいのかと思っていたのですが、そうした車椅子の方専用の施設もあるということでした。
今までの生活では車椅子によるストレスな部分がたくさんありましたがホームでの生活は全てが車椅子視点出回っているのでとても快適でした。
車椅子でも何不自由なく暮らしていけそうだと、父も喜んでいました。
なによりも介護必要な入居でもサービス料が定額というのがありがたく、
資金の心配をしなくても父を任せられることが本当に嬉しく助けられています。
入浴、食事の心配がないということがこれほどありがたいことかと改めて思いました。